イタリアを中心にContemporanei・現代制作者の紹介をしています!--- 本に掲載されているような内容とは一味違った彼達の素顔!--- 性格は音色にも影響すると私は思います!
Concept
コンセプト
Volantino
営業案内
Prescelto degli Strumenti
厳選楽器
  Violini
  Viole
  Violoncelli
Etichetta
制作者紹介
Laboratorio / Listini
サラ工房
Accesso
アクセス
Nord Italia
北イタリア
Opera / Teatro alla Scala
スカラ座の日程表
Profilo
プロフィール
Link
お問合せ
皆さんがお使いになっている楽器(Strumento)が
誰の手によって制作されたのか?
それはどんな人物なのでしょう?

そもそも、このページを作ろうと思った切っ掛けを SARA' Theme
掲載しています! 時間がある時で構いません、読んで見てください!

制作者の姓名を下記の項目からクリックして下さい!

Liutai Contemporanei
AB CD EFG HIJKL MNO PQR ST UVWXYZ 
クレモナの現代制作者一覧が出来ます!

Liutai Giapponese
日本人制作家はこちら


Liutai Provincia di cremona
クレモナ市郊外で活動している制作家はこちら

Milano Firenze
ミラノ・フィレンツェで活動する制作者はこちらへ


Citta'-1 Citta'-2 Citta'-3 Citta'-4
イタリアの街の制作者はこちらへ



このページの楽しみ方
日頃、Cremonaの町で生活をしている現在の制作家の素顔を、
会話をする中で紹介していきます。
私の師匠だったサンドロを一例に挙げてみます。
ただ、ここでの紹介はほんの一部 皆さんに回答する内容は、もっと真に迫ったもの!
楽しみにしてください!

ASINARI Sandro 工房にchicco(キッコ)という下の牙が出たペルシャ猫が、
僕が弟子入りした以前から居る。 
最近、制作学校の講師を引き受けて時間を割かれている。
実際、イタリア人の生活パターンからは想像ができないほど
妥協を許さない!
PCにも強く、仕事中にお互いのWeb sitoや最近の事情が話題に上ってた。
作品は、1703年Strad・Danclaをモデルとし、
ニスはドライなCremonese
作品全体も、 平均的な音色を保ち、Sandroの音(明るい)がある。
アジナリ・サンドロ

皆さんが日頃、疑問に思われていることを教えて下さい。

小耳  pergamena(羊皮紙)
Amati・del Gesu'、Stradの時代のラベルに用いられていた紙は
『羊皮紙』と呼ばれるもので、羊の皮を紙のように薄くしたものです。
現在でも、イタリアでは購入可能なこの羊皮紙ですが、制作者の間では殆ど使われていません。
紙が貴重だった時代にあっての代物なのでしょうか!